前へ
次へ

満足できる住宅環境に導くアイテム

建設省が行った住宅需要実態の調査によると、現在の住まいに対し、ほぼ満足している世帯の割合と、不満のある世帯の割合はほぼ、同じなのだそうです。
住環境に対しては、全体の7割の世帯が満足、3割が不満をもっています。
各要素に対する不満では、遮音性や断熱性を挙げています。
また、収納スペース、傷み具合、暖房や給湯設備などが指摘されているのも事実のようです。
遮音性は、音に着目しなければなりません。
音の強さ・高さ・音色、住居空間を快適に保つには、騒音の管理が必要です。
その管理のためには、遮音・吸音がポイントになります。
遮音カーテンなど、家具やインテリア用品、雑貨などからも対策ができます。
モデルハウスを見学すれば、インテリアコーディネーターが内装をデザインしています。
不動産屋と連携していますから、遮音、遮熱、UVカット効果まであるカーテンも勧めてくれます。
収納スペースも家具一つで事足りるかもしれません。
例えば、寝室に設置するベッド、収納できる引き出しが付いています。
今や、省スペースに設置できる収納棚も増えていますから、まあまあ満足できる住まいに作り替えることは容易にできます。

Page Top